梅澤 俊
UMEZAWA SHUN
國學院大學 経済学部 卒

営業の仕事はどんなことをされていますか?

広告を配信するメディア様や、広告主様の両方の相談役として営業を任されています。
新規営業もやっていますが、主にリユース系、wi-fi系、回線系、保険やリフォームなどのジャンルごとの案件を担当しています。

学生時代はどんな学生でしたか?

学生時代はサークルもバイトも両方していました。
バイトは学校近くのコーヒーショップで4年間ずっと週4~5日で働いていましたね。「シフト替わって!」て言われたら「替わる替わる!」と率先して替わったりして。
あとはサークルの先輩が代々やっているのを引き継ぐ形で、一年半ぐらいインターンもしていました。

サークルは広告研究会のようなサークルで、ミスコンとかのイベントを主催していて、基本は週1回なんですが、イベントが近いと週3回とかあって、朝バイトに行って、授業を受けて、サークルへ行く、みたいに学生時代は忙しく過ごしていました。

入社の決め手は?

サークルが広告系だったということもあり、業種は広告系に絞り込んで就活していました。ただ広告系と言っても、大手なのか、ベンチャーなのか、というところは最後まで悩んでいましたね。

しかし、レントラックスで内定を頂いた後、インターンという形で何度も会社に足を運んでいたのですが、会社の皆さんの人柄が良くて、上司の愚痴を言うとかも全然無くて、そういうのが良いなぁと感じて。

他の企業も見てきましたが、最終的にはその人柄の良さが決め手となりました。

就活を振り返って

大手に行くか、ベンチャーに行くか、のどちらかで考えていたので、レントラックスで内定を頂いた後も「じゃあ大手がまだ募集しているから大手も受けてみよう」という感じで、就活を続けていました。
大手でも面接は進んでいたところもあったのですが、結局は縁がなかったと割り切り、私にはベンチャーが合うのだろうと納得してレントラックスに決められました。

就活生へメッセージ

「早めにやるに越したことは無い!」
当時からインターンや就活に向けての自由参加のセミナーとかもあったのですが、でも全然そんなのに出ないで遊んでばっかりいたので、もう少し「就活をする」マインドを持っていても良かったのかなって思っています。

また実際に100社以上は受けて、エントリーシートはもっと書きましたが、自分が如何にのうのうと生きてきたかを痛感しました。何か一つ、「自分は○○オタクだ」とか「自分はこういう人間です」と胸を張れるものがあれば、一番素敵だと思います。

エントリーはこちら
エントリーはこちら