西島 直宏
NISHIJIMA NAOHIRO
法政大学 経済学部
商業学科 卒

仕事はどんなことをされていますか?

アプリのアフィリエイトを担当しています。
ゲームフィートという、レントラックスASPとはまた分かれた形になるのですが、アプリのアフィリエイトを計測するネットワーク全般を営業も含めて担当しています。

学生時代はどんな学生でしたか?

中学校を卒業してからすぐに航空自衛隊に入りまして、通信制で高校と大学を卒業しました。
父親が自衛官で、当時は自衛隊以外の仕事を知らなくて、なるのが当然だと思ってたんです。自衛隊には24歳まで、約10年間いました。

高校時代は完全に男だけの世界で青春なく過ごしてきたから、大学ではキャンパスライフを送りたいと思って、当時は沖縄にいたんですけど、夏と冬に東京に出てきて1週間ずつ学校に通いました。
通信制だといろんな会社に勤めてる方もいらっしゃるので、そういう方々と交流して外の世界を感じれるのはとても新鮮でした。

入社の決め手は?

社長のお人柄ですね。お客様を大事にできる会社って実は結構難しいところがあると思うんですけど、利益追求になってどうしてもお客様をないがしろにするような会社がある中で、「人のために」ってすごく熱心になる方で。
私もやっぱり苦しい時期があったんですが、非常に優しく助けていただきました。

私は前職、海外で日本企業の海外進出のお手伝いや、逆に海外中東のお客様が日本に進出したいっていうのを手伝うコンサルティングの仕事をしていたのですが、レントラックスの社長にお会いしたのも、そこで新規のビジネスプランのお手伝いをさせていただいたのがきっかけです。

社長と色々話している中で「こういうことがやりたいんです」とお伝えしたときに「じゃあレントラックスでやってみませんか?」とお話をいただけて、気がついたらレントラックスに入っていた、という感じです。

今後の展望について教えてください

今は国内でやっている状況なんですけど、アプリに限らず世界展開といいますか、全ての国に対して事業を拡大させて、事業を通して国と国を繋ぐ、国境に縛られないビジネスをしていきたいなと思います。

中東の方って実は日本の漫画やゲームが大好きで、日本人より詳しいんじゃないかってぐらいなんですけど、ただなかなか入ってこないというか、日本のコンテンツはまだまだローカライズが進んでいなくて、そういうところで力になれたらみんな仲良くなれるんじゃないかと考えています。

就活生へメッセージ

私の場合「国と国をつなぐ仕事がしたい」という目標を持って、いろんな会社の社長に「こういうことがしたいです」とお話しながら今まで渡ってきたので、いわゆる皆さんがやっているような就職活動の経験はありません。
しかし、エントリーシートを書いて、面接を受けてっていうのが全てではなくて、そういう就職活動の仕方もあるんじゃないかなと思います。

決まりきった枠組みにはまらず、夢や希望があるのなら、それに向かって正直に進んでいけば、きっと今の私のように手助けになってくれる人やチャンスに出会えると思います。あきらめずに頑張ってください。

エントリーはこちら
エントリーはこちら